教職実践演習とは

8学期に行う「教員として必要な知識を習得したことを確認する」演習です。
4年次の9月から10月にかけて、集中講義に教育実践演習A(4回)、教職実践演習B(6回)、 後期に教職実践演習C(5回)として開講されます。

履修登録の方法が特殊なため、メーリングリストでの連絡や教務課の掲示に注意してください。

ポートフォリオとは

教職実践演習の準備として、1年次から「履修した科目」や、「ボランティア活動」、 「教育実習」、「介護等体験」、「学校見学」など 教員になるために行った活動をポートフォリオに記録します。

1年前期に教職論を履修した学生を一括登録しています。 教職論を履修していない学生は別途登録しますので教職課程支援室に申告してください。

ポートフォリオには、以下の内容を記録します。

  • 各活動の記録 [随時]
    次の活動を行った時に、記録します。
    • 教職指定のボランティア
    • 教職指定の講演会・セミナー
    • 学校見学・授業参観
  • 自己評価及び履修のまとめ [年度末]
    各年次ごとに自己評価を行います。
  • 介護等体験、教育実習などの活動記動の記録
    介護等体験、教育実習の終了後に達成度等を記録します。

ポートフォリオの使い方

eラーニングセンターのWebClassを使用します。

ポートフォリオの使い方の詳細は、教職ポートフォリオ(学内専用)を確認してください。

教職実践演習Cの課題

教職実践演習Cの課題について、教職実践演習Cの課題を参照してください。

トップページへ